夫婦

不妊治療の人工授精について

赤ちゃん(緑)

六本木のタイミング法でなかなか成果が上がらない場合、本格的な不妊治療が始まっていきます。まずは人工授精です。人工授精は保険適応の不妊治療となりますので金銭的な負担は大きくありません。
六本木の人工授精による不妊治療とは採精した精子を洗浄、選別し濃度を上げたものを器具を使って子宮の奥深くに注入する方法です。精子の濃度が上がっていること、子宮の奥深くに注入するため精子が卵子に到達する可能性が高まること、人工授精の前後に夫婦生活のタイミングをとることでより多くの精子を体内に入れることができること…などから妊娠の確立が高まります。
人工授精の手順はまず、生理が終わった後からホルモンの働きを高める薬を服用し卵子を大きく育てます。そして採血やエコーで卵子の成長具合、排卵時期などを確認しながら待ちます。卵子が十分成熟し、排卵時期がやってくると点鼻薬や排卵を促す注射を行って人工授精当日を待ちます。ここまでに3~4回の通院が必要です。
人工授精当日は採精したものを持参します。精子の洗浄、選別には約1時間ほどかかりますのでそれを待ってからの処置となります。処置は痛みはなく内診台に上がってから5分もかからず終わります。終了後は特に制限はなく、普段通りの生活を送りながら結果を待ちます。そして残念なことに生理を迎えるとまた薬の服用から再度取り組むこととなります。
1回の人工授精にかかる金額はトータルで、六本木の病院によって差はありますが3~5万円ほどです。

トピックス

赤ちゃん(黄)

不妊治療は休み休みに

まだ20代ではまさか自分が不妊になるとは思いませんでした。自然に妊娠するのを1年待ちましたが妊…

MORE

赤ちゃん(青)

反復流産のため不妊治療を受けました

私は30代半ばで妊娠を希望し、半年ほど夫婦で子作りしてみたものの、なかなか妊娠に至りませんでし…

MORE

赤ちゃん(赤)

不妊治療の病院を選ぶためのポイント

六本木で不妊治療を受ける際の病院選びのポイントとして押さえておきたいのが次の5点です。…

MORE

ピックアップ

赤ちゃん(緑)

不妊治療の人工授精について

六本木のタイミング法でなかなか成果が上がらない場合、本格的な不妊治療が始まっていきます。まずは人工授精です。人工授精は保険適応の不妊治療となりますので金銭的な負担は大きくありません。六本…