夫婦

不妊治療の病院を選ぶためのポイント

赤ちゃん(赤)

六本木で不妊治療を受ける際の病院選びのポイントとして押さえておきたいのが次の5点です。
1つ目は婦人科か不妊治療専門外来かを選ぶことです。20代の場合はまず近所の婦人科へ行ってみるのが良いでしょ。30代から40代の方なら診察を受けて原因がはっきりしたら、すぐに治療に移れる六本木の不妊治療専門外来が良いでしょう。2つ目は病院の規模です。六本木の大きな所なら担当医制になっているので、毎回医師が変わる可能性がありますが、小さなところなら同じ医師が診てくれます。プライバシー等への配慮はしっかりと行っているでしょうが、気持ち的にどちらの方が抵抗が少ないか考えて選ぶようにしましょう。3つ目は通院のしやすさです。自宅からあるいは職場からの距離や交通機関、所要時間、費用等をチェックし、継続的に通いやすい場所を選ぶようにしましょう。
4つ目は評判です。ネットや雑誌、書籍などを参考にして、治療方針や治療実績など様々な特徴を総合的に判断材料にしてみましょう。ただし、口コミなどはあくまで参考程度に留め、あまりに鵜呑みにするのは控えた方が良いです。5つ目は実際に相談に行ってみることです。医師との会話を通じて、本当に治療のために体を任せることが出来るかということを、人柄や親身さなどの面からも確かめてみることが大切です。

トピックス

赤ちゃん(黄)

不妊治療は休み休みに

まだ20代ではまさか自分が不妊になるとは思いませんでした。自然に妊娠するのを1年待ちましたが妊…

MORE

赤ちゃん(青)

反復流産のため不妊治療を受けました

私は30代半ばで妊娠を希望し、半年ほど夫婦で子作りしてみたものの、なかなか妊娠に至りませんでし…

MORE

赤ちゃん(赤)

不妊治療の病院を選ぶためのポイント

六本木で不妊治療を受ける際の病院選びのポイントとして押さえておきたいのが次の5点です。…

MORE

ピックアップ

赤ちゃん(緑)

不妊治療の人工授精について

六本木のタイミング法でなかなか成果が上がらない場合、本格的な不妊治療が始まっていきます。まずは人工授精です。人工授精は保険適応の不妊治療となりますので金銭的な負担は大きくありません。六本…