夫婦

反復流産のため不妊治療を受けました

赤ちゃん(青)

私は30代半ばで妊娠を希望し、半年ほど夫婦で子作りしてみたものの、なかなか妊娠に至りませんでした。でも既に一人子供がいたので、まさか不妊だとは思わず不妊治療のために六本木の病院に行くことは全く考えませんでした。そしてその後ほどなくして一度妊娠することができました。妊娠5週ごろ六本木の病院に行き、子宮に胎嚢が確認できましたが、サイズが5週より小さいと言われました。
7週になってまた受診したところ、胎嚢が少し育ってはいましたが、胎芽は確認できませんでした。その次の週には出血が始まって、残念ながら流産となってしまいました。とてもショックを受けたのですが、その二か月後にまた妊娠することができました。今度こそ無事に育ってほしいと祈るような気持ちでいましたが、この時も心拍確認まで至らずに流産になってしまったのです。
さすがにこれ以上流産を繰り返したくはないので、色々と不妊治療の検査を受けましたが特に問題は見つかりませんでした。不妊治療の検査では夫の精子にも特に問題はなかったので、とりあえず六本木まで通院しながらタイミング法を何回かやってみることにしました。
そして運よく二回目のタイミングで妊娠に至り、反復流産のことがあるので、予防のためバファリンを処方されてずっと飲んでいました。それが功を奏したのがわかりませんが、無事に出産することができたので、思い切って通院してみてよかったと思っています。

トピックス

赤ちゃん(黄)

不妊治療は休み休みに

まだ20代ではまさか自分が不妊になるとは思いませんでした。自然に妊娠するのを1年待ちましたが妊…

MORE

赤ちゃん(青)

反復流産のため不妊治療を受けました

私は30代半ばで妊娠を希望し、半年ほど夫婦で子作りしてみたものの、なかなか妊娠に至りませんでし…

MORE

赤ちゃん(赤)

不妊治療の病院を選ぶためのポイント

六本木で不妊治療を受ける際の病院選びのポイントとして押さえておきたいのが次の5点です。…

MORE

ピックアップ

赤ちゃん(緑)

不妊治療の人工授精について

六本木のタイミング法でなかなか成果が上がらない場合、本格的な不妊治療が始まっていきます。まずは人工授精です。人工授精は保険適応の不妊治療となりますので金銭的な負担は大きくありません。六本…